結婚式のお金を貯めて新婚生活に使いましょう

今は、二人で決めた結婚式のスタイルが重視されます

かつては、結婚式と言えば、両親や家族、親戚や職場の上司や友達など多くの人を招待して祝ってもらいましたが、今は、二人で話し合い、自分たちにふさわしい結婚式のスタイルが重視されるようになりました。極端な話、新郎と新婦二人だけの結婚式やそれに両親と家族だけの小さな身内だけの結婚式にして、できるだけ費用を節約しようとする人も少なくありません。結婚式よりも後の結婚生活の方に費用をかけようとする方がいてもそれも認められる時代となりました。

費用はかけなくても最低限のパーティなどは出席を

結婚式は地味に行うことは職場の方も了承しても、職場の仲間として、結婚を祝う会としての一席を設けようということも出て来ます。あくまでも、職場の皆様の好意ですので、断り続けるのも悪いので、ここは甘えて祝ってもらいましょう。職場の方と結婚を祝ってもらうことは一生の記念になる思い出となります。また、当日にわざわざ、休みのときに結婚を祝う会に出席してくれ方のために、小さなお返しなどがあれば、お礼の気持ちが伝わって良いです。

結婚式よりも結婚生活の充実を

結婚式は確かに一生に一度ですが、その後には結婚生活があります。むしろ、これからの生活の方が大変です。そう思い、生活を重視して、結婚式を簡素に済ませても、今は、自分たちらしい結婚式が挙げられたら良い時代となりました。ただし、今まで育ててもらったご両親には、このことを納得してもらった方が後々の結婚生活がうまくいくことになります。二人であいさつに行ったときにでも結婚式についての考えをあらかじめ伝えておくと良いでしょう。

美容を学ぶ専門学校が提供するサービスを利用することで、結婚式を節約できます。式の企画からドレスアップ、式進行から写真撮影まで、運営のすべてを授業実践の一環として学生が行うため、格安になる仕組みです。