指輪の交換は、二人にとってもみんなにとっても幸せを感じるひと時ですね。

日本での指輪の交換は、まだ歴史があまり深くない。

日本では、神前や仏前で結婚式を行っていたため、指輪の交換がなかったのです。指輪の交換の歴史は古く古代ローマの時代までさかのぼります。日本で一般に広がっていったのが50年前なんです。歴史が浅いですね。でも、結婚式も新婚旅行も行かないのに指輪の交換だけは省略したくない人が多いのです。それだけ神聖なことで、女性にとっては最重要なことなのででしょう。男性も気が引き締まるという人がほとんどです。歴史の深さではないのですね。

指輪の交換が一番緊張

男性の場合、女性の手を取って指をはめなければいけません。女性にとって一大イベントで、女性も緊張しているはずです。緊張している二人が行うので失敗も多いので、前もって練習したほうが良さそうですね。コツとしては、あまり上まで持っていかないで、自分の胸より下にしてよく見えるようにして小さく深呼吸をしてからゆっくりします。そうすれば、落ちついてできますので失敗も少なくなりますよ。もし、失敗しても気にしなくても大丈夫ですよ。

結婚指輪意外と間に合っていないのです。

結婚指輪を注文するのはなるべく早くしたほうがいいのです。意外と時間がかかるので、注意が必要です。今の時代は進んでいて、指輪のレンタルも結婚式場でやっているんです。これだけ神聖に考えている指輪の交換がレンタルでいいのでしょうか。でも、少し考えてみれば指輪の交換事態に神聖さがあるので、関係ないのかもしれません。間に合わなかったとしても、結婚式が終われば作っものがはめられるのですからね。お互いの気持ちが一番大切です。

一生に一度の結婚指輪、どんなデザインが良いのか迷います。ずっとつけるものだからシンプルなデザインが人気ですが、女性用には小さな石付きも素敵です。