意外とお得!?新郎のオーダースーツのススメ

意外と高い!新郎の衣装

結婚式の楽しみの一つが衣装選びですね。しかし、新郎の衣装を選ぼうというときに、意外とスーツやタキシードのレンタル料が高くて驚いたことがある人も多いはず。だいたいの相場は十万円前後のところが多いようですね。ドレスに比べると安価であったりドレスとのセット割もあったりで、「まあ、しょうがないか」と決定してしまう人がほとんどのようです。しかし、ちょっと待ってください。女性側のドレスは挙式後は着用する機会がほぼありませんが、新郎のスーツはオーソドックスなものであればその後も着用する機会がありますよね。何しろ、一日だけのレンタル料としてはやはり高い。そこでおすすめしたいのが「新郎のスーツをオーダーする」ことです。高いイメージのあるオーダースーツですが、実はレンタル料と同じくらいの価格で上等なものを仕上げることができる場合も多いです。新郎側に「絶対タキシードがいい!」「ドレスに合わせた白い衣装が着たい!」というこだわりがなければオーダーを検討してみてはいかがでしょうか?

オーダースーツのポイント

スーツをオーダーすることが決まったら、次の点に気を付けましょう。まず、色は「黒」「濃紺」「ダークグレイ」などの無難なものにすることです。冠婚葬祭をメインで使っていきたい人ならば「黒」、ちょっと気の張った仕事の場面などで使いたい人は「紺」や「グレイ」系がおすすめです。次に生地ですが予算の範囲内でなるべく上等なものを使用するようにしましょう。生地のいいスーツは見栄えもしますし、長持ちします。スーツの形やボタン、ポケットなどのディティールは仕立て屋さんとしっかり相談しましょう。その際に「挙式後はこういった用途に使いたい」ということをきちんと説明しましょうね。仕上がりはレンタルするものよりも地味なものになりますが、裏地やネーム入れなど細部にこだわることができるので、きっと彼も満足の出来になるはずです。なによりも自分の体にぴったりのスーツは、式場で新郎をひきたててくれます。

彩りや変化は小物の力で!

こだわりのスーツが出来上がったものの、「やっぱり結婚式にはなんだか物足りないのでは」と心配になる人も多いはずです。でも心配はいりません。仕立てのいいスーツは小物の力で結婚式仕様にすることができます。シャツやチーフで新婦のドレスとリンクさせることはもちろんのこと、帽子をかぶったりブートニアを変えるなどするとお色直しにも十分対応できます。式場との提携ショップで新郎の小物だけのレンタルが可能な場合もありますので、色々と相談してみましょう。なによりも世界に一着だけのオーダースーツは結婚式をより思い出深いものにしてくれるはずです。あなた仕様のお得で素敵なオーダースーツ、ぜひ挑戦してみませんか?

白金の結婚式場は会場が魅力的です。センスが良いので都会の喧騒を忘れさせてくれます。挙式後にはフラワーシャワーをするので開放感があります。